東京のベビーシッター利用の増加について

近年ベビーシッターを利用する世帯が増えてきています。

とくに東京のような大都会では保育園の待機児童問題が深刻なことから利用率が高い傾向にあります。



ベビーシッターは、保育園のように保護者が子供を連れて行ってお世話してもらうのに対し、自宅まで来てくれてお世話してくれます。


この点においても東京のように働く女性やその夫の両親が同居または近くに住んでいないことが多い土地では非常に喜ばれる点です。また、保育園では子供が病気の場合預けられないですが、自宅に来てもらえるベビーシッターは病気でも見てもらえる点も共働き世帯に選ばれる要因です。
しかし、融通がきく反面融通の利く預け方が出来るため料金が高くなることや自宅に来るという点において信頼出来るシッターを探すということが重要になってきます。



そのためしっかりとしたシステムが構築されているベビーシッター専門会社に依頼することが最適と思われますし、実際このニーズを的確にとらえたシッター専門会社も増えています。


最近では、幼稚園や小学校受験に備えて家庭教師のような役割が出来るシッターや子供のお世話にとどまらず家事全般もみてもらえるシッターなど様々なニーズに対応している専門会社もあります。



そして子供との相性が良いシッターであれば定期的に利用する世帯も増えています。このように、東京で忙しく働く共働き世帯の大きな助けとなりまた多忙な親に代わって我が子のより良い成長を思う親の思いがあるため今後ますますベビーシッターへのニーズは高まっていくことでしょう。