東京はベビーシッターが便利

東京には待機児童の数がたくさんいると言われており、働く意欲があるにもかかわらず、小さい子どもがおり、預ける保育所や幼稚園がないために、社会に出られないという女性が多く存在しています。

行政側もいろいろな方策を講じていますが、人口が集中している地域ということもあって、打開策は打ち出せていません。



そんな中で、新しいベビーシッターサービスが東京で生まれており、注目を集めています。高齢者や子育てを終えた年配の人たちで、比較的時間に余裕のある人に登録してもらい、ベビーシッターとして派遣する事業が生まれています。


これまでの東京のベビーシッターは、若い女性が中心でしたが、これらの新しいサービスでは、年配の人たちが子どもの面倒を見ることになります。



子どもたちからすると、おじいさんやおばあさんのような人たちがベビーシッターとして家に来ることになります。これらの年配の人たちは、自分で子どもを育てた経験があるため、子どもが泣き叫んだり、怒り出したりした場合であっても、冷静に対処することができ、利用者からも好評を得ています。サービスを提供している側である高齢者や年配の人たちにとっても、自宅にずっといるよりはやりがいを感じ、社会のためになって給料まで発生することから、いろいろな意味でメリットが大きい仕組みになっています。



今後、保育所や幼稚園の問題がすぐに解決することが難しいため、こうしたベビーシッターサービスは拡大が予想されます。